スポンサーサイト

  • 2016.02.04 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    文具・万年筆クラスタ 関西支部オフ開催の件

    • 2013.10.20 Sunday
    • 07:29
    先日、某大福たんが上京した折に、みんなで蔵前ダンジョンやら、某山ダンジョンやらのツアーがとても楽しそうだったので、ノリと勢いで関西勢も集まるーという話になったので、少しまとめてみます。

    11/9に神戸三宮のナガサワ文具DENでインク工房が行われますので、一応それを基軸に予定を組みたいのですが、インク工房の時間が読めないこと、ふにふにさんの離脱時間を考えて、ややフレキシブルな旅程を検討しております。

    まず、9:45くらいにJR三ノ宮駅で待ち合わせ、もしくは10:00のナガサワ文具開店待ちな感じでわらわらと集合。ここでインク工房にトライされる方はインク工房へ。待ち時間が長そうな雰囲気であれば、その間に希望者は元町のペン&メッセージへご案内しようかと思います。
    その後、再合流しまして、時間をみて食事は神戸か梅田付近で。(この辺は何軒かピックアップしておきます)
    あとは、ふにさんの希望を聞いて、梅田界隈の文具店めぐりになるか、ナンバでイル・サンライズあたり(ワキ文具店はいったことないんですが、そのへんとか?)、時間の余裕がありそうならばモリタ万年筆へご案内というカタチにしようかと。
    とにかく、インク工房の人数など、時間が読めない分、そのあとの行程をいくつか挙げて、残り時間をみてその時に検討、辺鄙なところだけどモリタ万年筆にはいくぜ〜って方と、時間ないから近場の文具店だけryの二手に別れる可能性もありますが、人数多いですし、それもありかと。夕飯はまた再合流してもよいかな、先日、あさちゃんや朔ちゃんたちと行った梅酒の飲める居酒屋さん、駅近くだし美味しかったし。なんとかなるかなーとかとか。

    インク工房いくよ!組と、効率よく時間を使っちゃう組との複合ツアーになりますが。
    他に案があれば、どんどん意見ください。人数が多いから、みんなそれぞれ希望はあると思いますが、できる限りみんなが納得して楽しめるよう検討したいと思います。

    参加メンバーはいまのところ、あさやけさん、ふにふにさん、朔李さん、ありへ、トミチさん、kahoさん(仮 不参加か途中参加の可能性)、まみみさんの6人(7人)かな?
    当日までにもう少しツアー内容を検討してみます。ご意見ご要望など、Twitterで@hemochi宛にお願いします(=゚ω゚)ノ

    関西勢に会えるの、楽しみにしてますね。とりあえず前半の神戸界隈の案内係はオレにまかせろ(=゚ω゚)ノ
    他にも参加者、若干名募集中。10人越えたら、私が混乱するので募集締め切る可能性がありまーす(=゚ω゚)ノ

    コミティアのお知らせだよ!(遅いよ!)

    • 2013.10.19 Saturday
    • 01:22
    @kamoko: 【告知】10/20コミティア106ち23a鴨屋で参加ですっ! 新刊は「少女SideA/B」百合漫画&ゲストに有瀬なおさんの小説。 既刊はゼクシィ本、靴本、ガーター本、ストッキング本、精神疾患擬人化本等。 #comitia
    http://t.co/oSEF8Xzjwj

    と、うちが同人誌作る時は、ほぼ丸投げでお手伝いしてくれる絵描き友のかもこちゃんのとこで、ちょっとした女の子たちの短編を書かせていただきました。
    かもこちゃん、前回の原稿が終わった時に「男はもういい、女の子が書きたい」とかぼやいてたので、「だったら女子だ、百合だ!」と煽って、できあがったのがこの本です。
    百合とは申しましても、二人揃って途中で「百合とはなんぞや?」という泥沼にはまり、あまりゆりゆりしくない、どちらかというと少女漫画、少女小説っぽくなっております。
    コミティアゆえ、完全読み切りオリジナルです。ご参加の方、軽く冷やかしに行って、手にとって、「ゆりとはおこがましいわ」と鼻で笑って置いてくださってもけっこうですから、ちょいとひやかしに行ってやってくださいませ。

    かもこちゃんのガーター本もストッキング本も、歴史から製造方法から網羅していて、ガーター本においては女子よりもおっさんの方がたくさん描かれてるんじゃないかなという、妙な本です。こちらもなかなかニッチなところを突いた本ですので、お手に取ってやってください。内容と表紙とのギャップにおどろくよw

    インク沼への序章(`・ω・´)なのだ

    • 2013.09.09 Monday
    • 00:40
     

    プレゼントしたものを、えらく可愛く撮ってくれたので、画像借りてきた!

    手持ちのインクの一部を、万年筆はまりたてのふるちゃんにおすそわけしたよー。
    教えてもらった、タミヤのスペアボトルを使用。ラベルは貼れる大きさのを購入するのを手抜きして、マステでラベリング。別紙にマステ+インクの名前と色見本を作ってお渡ししました。マステのラベリングで、中身がどれかは一応わかる状態になってます。メモをなくさなければ\(^o^)/
    一応左から、ナガサワ文具の旧居留地セピア、ウォーターマンのブルーブラック、エーデルシュタインのアベンチュリン、色彩雫の天色、だったと思います。
    ふるちゃんは先日、名古屋付近のどこぞで、パイロットの万年筆講座に参加して、透明軸のを組み立てて来たところらしいので、ちょうどいいタイミングで、いろんな色を押し売りしたったわ(゚ε゚)
    (ちなみにうちは、プレラに天色、ナガサワ文具オリジナルの透明軸にフェルメール・ブルーが入ってます)

    透明軸はいいよー。インクが減ってきてるのが見えるので便利!\(^o^)/

    先日のWAGNERで増やしてしまったあと、仕事でへろへろすぎて、万年筆を愛でる時間がないよう。しかも今月はお彼岸だよ、またへろへろになるんだねボク……orz
    そんなこんなで、日記を書くのが精一杯です。万年筆も、インク減らないから、とりあえずつけちゃったカートリッジを外せなくて困ってます。コンバーター買ったのに!w

    うーん。
    ナガサワ文具の摩耶ラピスと、フェルメール・ブルーを比較してる画像って、どっかにないかなぁ。フェルメール・ブルーが気に入って使ってるけど、限定物だし、もったいない病が出てきてて、ほんのりと困ってます。摩耶ラピス、単独で見てるといい色だなーとは思うので、フェルメール・ブルーがなくなってしまっても困ることはないとは思うんですけどね。メインにして、複数のペンにつっこむ勇気がないw もったいないお化けダメすぎる\(^o^)/ 使いきったら使いきったで、違うものを購入するためのチャンスでもあるのにねー。だめですねー。

    あ、はい。
    さっき、梅酒のんだです。おいしかったです(゚д゚)ウマー
    だいぶ酔いは冷めてるはずですが、なんか文章がおかしいです。まぁいいです。ひさしぶりの更新が酔っ払い文章とはだめすぎますねぇ。
    かれこれ6時間くらい、鰹節が食べたくてしかたなくて、こんな時間に花鰹を1パック食べてしまいました。意味わからなすwwwww 美味しかったですwwwwww
    とりあえず、9月のお彼岸を乗り越えるのです、がんばるのです。なんかすでにいろいろ抜けてるからなー。気をつけないとな。がんばろー(´・ω・`)

    モンブランのボトルインクの話。

    • 2013.08.29 Thursday
    • 22:39
     先日、WAGNERの神戸大会へ参加させていただいた。WAGNERとは、万年筆を愛するヲタがあつまって、トレード会をしたり、調整をしていただいたり、暇ができてくると手持ちの万年筆やら戦利品を見せびらかしたり、うんちくを披露したりする会、と思っていただいて良いと思います。
    名古屋の若者、大学生なのに稼いだお金をすべて万年筆につっこんでるような酔狂者・関船くんにお誘いいただいたので、参加してきたのですが。なかなか濃い世界であり、面白い世界でありました。朝焼けさんや、どーむさんにもたくさん遊んで、たくさんお話していただいたし。楽しかったし、気持ちよく散財してまいりました。ああそうさ、すげえ散財してきたさ! 細字が書ける柔らかいペン先の万年筆が欲しい→エラボー? フォルカン? とかぼんやりと考えてたところ、目の前にエラボーが突然降ってまいりまして、買っちゃいました。これは現行のやつなのかな、詳しくわからないんですが。ちょっとした力加減にペン先がついてくるというか、線に遊びが出るので、楽しく遊べそうです。無茶して壊しそうでまだ怖いですが。

    それはさておき。
    今回、予定外で購入してしまったものがあります。モンブランの万年筆を買うことになるとは、これっぽっちも思ってなかったんだけどなーwwww

    モンブランというと、個人的な思い出があります。
    高校を出てしばらくフリーターをしてたんですが、流れ流れて、バイトで行ってたところからの紹介で行き着いた会社で拾ってもらい、随分長い間勤めさせていただきました。何も知らないところを一から教えていただき、仕事してるというよりは勉強しに行ってるような毎日でした。
    上司は変わり者ばっかりで、定時をすぎると突然ギターを弾きだして、気分が乗らないんだもーんとかほざくような、ちょっとオトナとしてはどうかというような方もいましたがwwww やる時はやるよ、みんなでがんばるよー的な職場だったので、普段の奇行は黙認されてました。
    私の奇行は、修羅場極まって追い詰められると、歌を歌い出すとか、その程度ですが。あとは、3時のお茶の時間に10種類くらい作れる準備をしといて注文をとるとか。
    そんな変わり者の巣で、一番お世話になったK次長さん。結婚して仕事を辞めざるを得なかった時に一番残念がってくださった方でした。マジで色々お世話になった方でした。
    この方、『10センチで切りそろえてください』ってお願いしても、8センチから12センチの幅でずれまくる不器用な方でして。
    そんなK次長は、万年筆を愛用しておられました。万年筆で下書きされた原稿を、何回もワープロ打ちしたなぁ、とかとか。
    で、そんな不器用な方なもので、インク吸入をするたびに『だばぁ』しまして、手を真っ青に染めてました。ああ、またやってるwwww くらいにしか思ってなかったんですけどね。そのK次長の机にはいつも、モンブランの靴型のボトルインクが置いてありました。
    K次長ね、急な病で倒れられて、もうすぐ退院できそうだよーってところまで回復されてたのに、急変して亡くなられてね。話しか聞いてなくて、面会にも行けなくて。弱ってるK次長を見ないままお葬式に参列して。
    葬儀に参列したのに、もう何年も経ってるのに、K次長がいないって実感がまったくなくて。

    そんな時に、文具店で見た、モンブランのボトルインク。使ってみたいような、使うのが怖いようなで、手にしては戻すことを繰り返してたんですが。
    先日のWAGNERで、たまたまモンブランを販売しておられる方がおられまして。「僕はもう老い先短いから、コレクションも少しは整理しないとね」って笑って居られました。いや、そんな怖い冗談言わないでくださいwwww とか言ってたんだけどね、どうしてもそのモンブラン群から目が離せなくなっちゃって。お値段交渉して、モンブランにしては珍しい紺色の万年筆を手に入れてしまいました。
    先輩というのも恐れ多い大先輩がコレクションして居られたうちの一部を譲り受けたのだから、インクも考えないといけません。こいつは、K次長がよく使って居られた、モンブランのミッドナイトブルーだと思う、あのインクにしようと思ってます。
    先達の持ち物と、気持ちと。思い出を引き継いだ一本にしようと思います。
    こいつ、Bなんですが、書ける線がおもしろいんだよ。縦と横の線が微妙に違うので、ややミュージック的な雰囲気の描線になるのです。ふふふ。インクフローをもう少し調整していただいて、もっと素直ないい子にするのだ。

    安い鉄ペンで遊ぶのは楽しいですが。安い万年筆は、けっこう楽しいんですが。だんだん楽しみ方が広がってきたよー。

    でももう、これ以上増やさないからね! 当分増やさないからね! 増やすのはインクだだだwww インクコンバーターとインクしか買わないぞう。

    だって、親方から入手した梨地のプロフィット、まだインク入れれてない! あっかーーーーん!\(^o^)/

    「むつき」ちゃんと「むつき」さん

    • 2013.08.02 Friday
    • 23:46
     Twitterのうちのタイムラインには、二人の「むつき」さんが居ます。
    かたや……えっと、もう軽く十年は越えてるよね?(;・∀・) なるしまゆりさんのファンサイトのBBSで交流してたのがきっかけで知り合った、古くからの友人であります。仮に、一部友人からの呼び名「むーちゃん」を使用させていただきましょう。
    かたや、万年筆クラスタにはおなじみの、某横浜の万年筆沼でトラップを張って待っているお方。彼女は「ムツキさん」と呼ぶことにさせていただきましょう。
    どちらも、私より年下の、それぞれキュートなお嬢さんであります。お嬢さんというよりはレディとお呼びするべきですね、失礼しました。

    このあいだ、個人的に非常に混乱した話題がありました、「太陽」のお話です。

    私とむーちゃんが、こよなく愛している漫画がありまして。作品名は「タブロウ・ゲート
    」と言いまして、月刊プリンセスで絶賛連載中です。
    主人公が偶然手に入れたタロットの画集から、キャラクターを具現化するんですが。タロットなわけで「太陽」を具現化したキャラがいるわけですね。
    ここまでが、むーちゃんの「太陽」のお話。

    万年筆クラスタにはおなじみ。パイロットにグランセというシリーズがありまして。今年の春に、このグランセのシリーズから限定商品が出ました。限定商品だったせいか、公式ページで該当商品がみつからないや。ブングボックスさんのBlogで画像が貼ってあるページをみつけてきました。はい、これ! 注目! グランセの2013年の限定商品。「森」「海」、そして「太陽」!!!!!
    で、つい先日、うっかり血迷ったムツキさんは、グランセの「太陽」をご購入なさったそうで。晴れて『太陽』のマスターになりました。(この場合は「ご主人様」と書いて「マイ マスター」と読むですよ?)

    で。万年筆クラスタの悪い癖と言いますか。万年筆を愛しすぎて、嫁だの愛人だのと呼んで愛する人がいる、というのは良しとしましょう。
    愛が募り過ぎて、擬人化という方向性に行っちゃう方がおられるのも、まぁ良いじゃないですか。それもまた愛というやつです。

    はい、長いですが、ここまでがすべて「前提」です。

    万年筆クラスタの方々は覚えておられるでしょうか。せっきーとムツキさんの会話を。
    「太陽を擬人化して描く」という話を。

    むつきさんが、太陽を、かく。

    いや、待て待て違う、むーちゃんは「書く」方だ。描かないよ、そっちは違う「太陽」だよ! 「太陽」だけど、その「太陽」じゃないから!
    ……なんとも脳内でツッコミが忙しい話題でありました。


    むーちゃんも、ムツキさんも、それぞれキュートで。可愛らしい方であります。
    むーちゃんは今は飲めないけど、お酒は大好きだしねー。一人居酒屋も平気だもんねw 美味しいものも好きだし、おにゃの子も大好き。うーん、「むつき」という名前には、そういう資質があるのだろうか。うん、それならば仕方ないな。

    そのへんを踏まえて、いい言い分けがないか、いくつか考えてみたんですが。

    「巨乳の方のむつきちゃん」「既婚の方のむつきちゃん」「おむつたん」

    ……このくらいしかなかったよ。あら困った\(^o^)/ 
    まだしばらく、「太陽」が出てくるたびに、どちらのむつきさんが、どの「太陽」について語ってるのか、発言を遡って確認するしかなさそうです。

    どちらの「太陽」もかっこいいんですよ。私は万年筆の「太陽」の兄弟の「森」を持ってますが、とても素直で反応のいい子です。まだ調教の途中で、本体とインクの組み合わせ、紙との相性を突き詰めるために、いろんなインクと組み合わせて調教してる最中ですが。

    こんな感じで、一人で混乱して、一人で笑って、一人で楽しんでます。お二人のむつきちゃん、ごめんなさいね。
    きっと笑ってゆるしてくれると信じてます。これからもよろしくお願いしますね。たくさん、楽しいお話をしましょう。できればお酒など飲みながら、美味しいものを食べながら、楽しい会話をしたいです。いつか、ぜひ (゚д゚)/

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    木を植えた

    ついめーじ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM