スポンサーサイト

  • 2018.12.23 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    リリスパはやばい。

    • 2018.12.23 Sunday
    • 05:41

    RELEASE THE SPYCE を語るために、ひさしぶりにblogにログインしたぞ。ログインIDもパスワードも忘れてたぞ。それでも諦めないあたりが質悪いぞ。

    RELEASE THE SPYSE。通称『リリスパ』。10月から放送のアニメで、つい先程、MBSで最終回の放送が終了したところ。関東は明日、AbemaTVでの配信も明日かな? ニコ生配信は火曜日なので、まだ見ておられない方もおられるでしょう。

    簡単に説明すると、架空の街『空崎市』に住む女子高校生・源モモ(みなもと もも)が正義のスパイ集団『ツキカゲ』に所属して、悪の組織『モウリョウ』を戦う話であり、モモの成長を追いかける物語ではあるんですが。一対一の師弟制度、現役は3ペアの6人チーム。身体の能力を一時的に解放するために『スパイス』を使用する、スパイスの効きが悪くなってきたらチームを引退する、みたいなお約束が存在しますが、それはさておき。

    キャラクターデザインがなもりさん、ゆるゆりの作者ですから、絵は可愛くてゆるいです。はい。

    OP曲はヒゲドライバーさん、一部には『あんきら狂騒曲』つくった人といえばわかってもらえるはず。めちゃくちゃキャッチーで耳に残る曲です、「スパッと!スパイ&スパイス」 ニコ生配信ではOPが流れると阿呆かってほど『スパッパッパラッパーwwwwパッパッパッパッパラッパーwwww』の弾幕が流れます。すごい脳にこびりつく曲です。危険です。

    企画原案・脚本がタカヒロさん。これ、『結城友奈は勇者である』の脚本も担当されてる方だとか。このへんで勘のいい人は何かを感じ取っていたらしい。とりあえず、次回からこの脚本家の名前を覚えたぞ。この人の書く話には気をつけろって学習したぞ。

    で、ツキカゲのメンバー6人中、藤田茜・のぐちゆり・洲崎綾、とシンデレラガールズが揃ってるうえに、沼倉愛美、内田彩という布陣の中心に、主人公が安齋由香里という2017年にデビューしたばかりの声優さんという、最終回を終えて見直すと唸り声しか絞り出せない配役なんですよね、これ。

    で、6人の中でも弟子の三人、安齋由香里、藤田茜、のぐちゆりの三人が、番組開始前後にあっちこっちへ行ってプロモーション活動してるんですよね。確か徳島のマチ★アソビにも出演していたような気が。とにかく、弟子3人組の中の人はとてもバランスが良くて、生放送とかでは『可愛い天然ボケ・安齋由香里』『隙あらばボケるパッション系ボケ・のぐちゆり』『クールにツッコミ・藤田茜』と、物語の中のキャラクターと違ってはいるけど、すごいいいバランスの役割で展開してたんです。……してたんですよ。

    秋葉原周辺のココス、すき家、なか卯とリリスパのコラボ・お食事ミッションというのがありまして、ニコ生でそれを紹介した時の茜ちゃんはかわいかった。由香里ちゃんとのっぐが紹介してるすきにココスのモッツァレラトマトハンバーグを完食して、美味しいってにっこにこしてましたもんね。めちゃくちゃ可愛かったんだぞ。普段クールな茜ちゃんがこんなにニコニコしてるぞーって、レアなもの見ちゃったぞーって幸せな気持ちになったよね。うん……。

    ぶっちゃけ、シンデレラガールズや、他の作品でも実績ある声優さんが出てるからねー。女の子たちが可愛いからねー。師弟コンビでいちゃつきやがって……というだけの話かと思いきや、思わぬ方向へ振れ始めたのはぶっちゃけエピソード7くらいからです。

    以下はネタバレ全開でお話していこうと思います。

     

     

     

     

    おかしいな。

    途中までは完全に『師弟コンビいちゃつきやがって』『なんだかんだで雪師匠はモモ甘やかしすぎwwww』『つーか、命と楓、同棲してるんですか!? 完全にできてるでしょこの師弟コンビ!!!』だけだったんですけども。あとは、筋肉増量・ナルシスト・薬でぶっとんでる脳筋傭兵(cv 早見沙織)をあっさり使い捨てましたよ!? なんちゅーシナリオやねん。ドルテさんに早見沙織を当てるのもすごいが、あんなに簡単に使い捨ておった! ひどいわwwww だったはずなんですが。

     

    雲行きが変わったのは、エピソード7。モウリョウの洗脳実験に石川五恵(いしかわ ごえ)が巻き込まれ、本人の意志とは関係なく大暴れしてしまった回。ここで初めて公開された五恵ちゃんのキャラクターソング、のぐちゆりが歌う『Suger & Spice』がとにかくやばかった。試聴もちょっとだけできるんですが。いつもおっとりしていておとなしくて、御飯作るのが上手な五恵ちゃんというキャラをここまで押してきておいて、キャラソンがこれですよ。物語中で雪から明かされた『五恵ちゃんの強さ、ランキングは横綱クラス』。力が強いだけでなく、身体能力も高い。破壊衝動のまま、暴力団事務所をひとりで壊滅させちゃうんですから、五恵ちゃんはやばいです。でも、その大暴れ五恵ちゃんを止めることができた師匠の初音さんが本当はもっとやばいのかもしれません。正気に返ったあとの五恵ちゃんの「ごめんなさいごめんなさい」には泣いた。のぐちゆり……。

     

    で、ちらほら話題にあがっていた『内通者がいる』『モウリョウ側に情報が漏れている』件。これがエピソード7あたりから少しずつ怪しくなってくるわけですが。この時点ではまだ『青葉初音が内通者である』という可能性が捨てきれない状態だったんですよね。敵方のスパイ・テレジアと会って、自分がツキカゲであると明かした時点で全く動揺を見せてないあたりがとてもタチが悪い。

     

    こいつらスパイだから自分の感情すらも隠すんですよおおおおおお!

    どこまでが本当で、どこからが嘘なのかわかんねえんですよおおおおお!

    ……ということを前半たっぷり使って、半蔵門雪に教えられたはずなんですよおおお。

    でも同時に、師弟の絆、チームの絆の強さも教え込まれてるんですううううううう。

     

    エピソード10で、内通者が判明した時は背中凍りましたね。いや、可能性では考えてたはずなんだけどね。あの時の試写会にいた人に、その時の気持ちを聞いてみたい。八千代命!!!! ツイッターでちょいちょい叫んでた「洲崎綾ーーーーーー!」はほとんどリリスパ、八千代命に関しての心の叫びだったんですけど。ネタバレとかそんなもの踏み越えて、なんかもう悲鳴あげるしかなかった。あの瞬間の洲崎綾の演技は本当にやばかった。洲崎綾ーーーーーー!!!!!!

    八千代命(やちよ めい)という人は本当に軽やかで自由で、無邪気で明るくて、楽しいことが好きで。本当に軽やかな人なんですよ。そこをしっかりものの弟子の相模楓(さがみ ふう)がツッコミを入れたりフォローしたりって感じで。ものすごくいいコンビなんですよ。しかもこの二人、一緒に暮らしてるし。同棲してるし!!!!!!!!!! なのに、「内通者はメイだよ」と明かした時の声のトーンの変わらなさ!!! 実は悪役でしたーってバラした時って声のトーンが変わるものだって思ってたんですけど、メイはメイのまま変わらなかった。いつものメイのままだった。その変わらなさが、洗脳されたわけではなく自分の意志で寝返ったことを意味しているわけで。逆に恐ろしくなるわけでして。で、師匠が裏切るはずがないって信じていた楓ちゃんに「そんなことでは一人前にはなれない」って突き放した冷えた声がすさまじいわけで。怖いのなんのって。そりゃ、楓ちゃんも泣くわ。初音ちゃんは怪我を負った上に海へ落ちて爆発にまきこまれてるし。雪ちゃんはモモを人質にとられて大怪我を負うし。この時のモモの絶叫は本当にやばかった。安齋由香里……。

     

    で、エピソード11で、師匠三人が不在に加え、自分たちの秘密基地も敵方の攻撃を受けて協力者の安否が不明という状況で、弟子三人で行動を始めるわけなんですけども。確かに、あらゆる場面でメイが喋りすぎてる感はあるんです。でも、見直して気づくというか。そもそもおしゃべりなキャラクターだし。メイだし。でも、いつもの軽口を叩きながら「楓だけは最初から見逃す予定だったんだよ」「だって楓のこと大好きだからねー」って言い続けてるあたりとか、よくもまぁにこやかに言えるなぁ、と。「寝返りません」「心は売りません」って楓のガチ怒りを受けながし、「弟子のくせに生意気」って対峙するメイなーーーー。声が変わらないんだよおおお。メイのキャラクターがぶれないんだよおおおおお。洲崎綾ああああああ!!!!(←このへんがすごくこわい) 

     

    で、エピソード12の最終回になるわけなんですけど。 

    敵方のラスボス、天堂久良羅(てんどう くらら)の声が伊藤静なんですけどね。これがもう、さすがの伊藤静でありまして。威圧感と色気を同時に放ってくるんですけれども。それと対峙するのが主人公のモモ、安齋由香里ですね。この配役がパーフェクトでありまして。由香里ちゃんのまっすぐな声を静さんの声が威圧感で押さえ込む感じがすごくてですね。それでも負けないひるまないってあたりがとっても主人公とラスボスって感じで良かったんですけども。まさかこのラスボス戦を前半に詰め込んであっさり終わらせるとは思いませんでしたよおおおおおw

    一気に壊滅させるには、敵方を一箇所に集結させる必要があるとか、内通者が二重スパイである可能性はもちろん考えてはいたんだけど、雪ちゃんがあんなに大怪我してるし。でも初音ちゃん消えたままだし、これだけの伏線をどう処理するのよおおおお、ってのも、前半で一気に片付けてくれましたけど。後半にあれだけのエピソードをさらにつっこむのか、と。

     

    11話でテレジアをぶん殴った五恵ちゃんのことも回収してくれたし。

    モウリョウにふっとばされたカレー店も再建したようだし。でもなぜかドルテさんが雇用されてたようでしたね? ドルテさんがいましたよね? 白虎ちゃんは初音ちゃんに相変わらずなついているようで何よりでしたし。

     

    でもさーーーーーー。

    まさか、雪ちゃんが、ツキカゲ引退宣言するとか思わないじゃんーーーーーーー。

    しかもその記憶消去を弟子のモモにやらせるとかーーーーーーー。泣いちゃうじゃんーーーーーーーー。

     

    でも、雪ちゃん、自分で言ってたんだよね。『最近、スパイスの効きが悪くなってきた』 だからここらが潮時なのだ、って。

    9ヶ月後の、モモが弟子といる時に出会った雪ちゃんがさーーーーーー。

     

    泣いちゃうでしょおおおおおおお。残酷な選択をさせて強制的に師匠離れさせて、でもそれでモモは独り立ちして。弟子をみつけて。心は受け継がれてるけど、そっと見守るのもつらいと思うんだよ、師匠ーーーーー! 

     

    かわいいキャラクターと、かわいい中の人達にいろいろと騙されました。キャッチーで軽いOP曲とそのPVに心底騙されました。すごいお話でした。心地よくぶん殴られました。ほんと、リリスパはすごいぞ。とにかく前半は「かわいい・かわいい・はいかわいい」だけなんですが。その「はいかわいい」が心に定着した頃に五恵ちゃんのキャラソンで殴られ、洲崎綾の演技で背後から心臓を刺されるわけですよ。前半のとろみがないと、五恵ちゃんとメイのスパイスが効いてこないんだよなぁ。このスパイスに全力でぶん殴られてもらいたいんだけど、そうするには一切の情報を入れずに見ないとスパイスが効かないわけで。難しいなぁ。

     

    あかん、まだ語り足りない。

    エピソード11までを無料公開中という情報をみつけてしまった。そして、12話のニコ生は火曜日だ。火曜以降にもっかい語るしかないな!

    スポンサーサイト

    • 2018.12.23 Sunday
    • 05:41
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << March 2019 >>

      木を植えた

      ついめーじ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM