スポンサーサイト

  • 2016.02.04 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    モンブランのボトルインクの話。

    • 2013.08.29 Thursday
    • 22:39
     先日、WAGNERの神戸大会へ参加させていただいた。WAGNERとは、万年筆を愛するヲタがあつまって、トレード会をしたり、調整をしていただいたり、暇ができてくると手持ちの万年筆やら戦利品を見せびらかしたり、うんちくを披露したりする会、と思っていただいて良いと思います。
    名古屋の若者、大学生なのに稼いだお金をすべて万年筆につっこんでるような酔狂者・関船くんにお誘いいただいたので、参加してきたのですが。なかなか濃い世界であり、面白い世界でありました。朝焼けさんや、どーむさんにもたくさん遊んで、たくさんお話していただいたし。楽しかったし、気持ちよく散財してまいりました。ああそうさ、すげえ散財してきたさ! 細字が書ける柔らかいペン先の万年筆が欲しい→エラボー? フォルカン? とかぼんやりと考えてたところ、目の前にエラボーが突然降ってまいりまして、買っちゃいました。これは現行のやつなのかな、詳しくわからないんですが。ちょっとした力加減にペン先がついてくるというか、線に遊びが出るので、楽しく遊べそうです。無茶して壊しそうでまだ怖いですが。

    それはさておき。
    今回、予定外で購入してしまったものがあります。モンブランの万年筆を買うことになるとは、これっぽっちも思ってなかったんだけどなーwwww

    モンブランというと、個人的な思い出があります。
    高校を出てしばらくフリーターをしてたんですが、流れ流れて、バイトで行ってたところからの紹介で行き着いた会社で拾ってもらい、随分長い間勤めさせていただきました。何も知らないところを一から教えていただき、仕事してるというよりは勉強しに行ってるような毎日でした。
    上司は変わり者ばっかりで、定時をすぎると突然ギターを弾きだして、気分が乗らないんだもーんとかほざくような、ちょっとオトナとしてはどうかというような方もいましたがwwww やる時はやるよ、みんなでがんばるよー的な職場だったので、普段の奇行は黙認されてました。
    私の奇行は、修羅場極まって追い詰められると、歌を歌い出すとか、その程度ですが。あとは、3時のお茶の時間に10種類くらい作れる準備をしといて注文をとるとか。
    そんな変わり者の巣で、一番お世話になったK次長さん。結婚して仕事を辞めざるを得なかった時に一番残念がってくださった方でした。マジで色々お世話になった方でした。
    この方、『10センチで切りそろえてください』ってお願いしても、8センチから12センチの幅でずれまくる不器用な方でして。
    そんなK次長は、万年筆を愛用しておられました。万年筆で下書きされた原稿を、何回もワープロ打ちしたなぁ、とかとか。
    で、そんな不器用な方なもので、インク吸入をするたびに『だばぁ』しまして、手を真っ青に染めてました。ああ、またやってるwwww くらいにしか思ってなかったんですけどね。そのK次長の机にはいつも、モンブランの靴型のボトルインクが置いてありました。
    K次長ね、急な病で倒れられて、もうすぐ退院できそうだよーってところまで回復されてたのに、急変して亡くなられてね。話しか聞いてなくて、面会にも行けなくて。弱ってるK次長を見ないままお葬式に参列して。
    葬儀に参列したのに、もう何年も経ってるのに、K次長がいないって実感がまったくなくて。

    そんな時に、文具店で見た、モンブランのボトルインク。使ってみたいような、使うのが怖いようなで、手にしては戻すことを繰り返してたんですが。
    先日のWAGNERで、たまたまモンブランを販売しておられる方がおられまして。「僕はもう老い先短いから、コレクションも少しは整理しないとね」って笑って居られました。いや、そんな怖い冗談言わないでくださいwwww とか言ってたんだけどね、どうしてもそのモンブラン群から目が離せなくなっちゃって。お値段交渉して、モンブランにしては珍しい紺色の万年筆を手に入れてしまいました。
    先輩というのも恐れ多い大先輩がコレクションして居られたうちの一部を譲り受けたのだから、インクも考えないといけません。こいつは、K次長がよく使って居られた、モンブランのミッドナイトブルーだと思う、あのインクにしようと思ってます。
    先達の持ち物と、気持ちと。思い出を引き継いだ一本にしようと思います。
    こいつ、Bなんですが、書ける線がおもしろいんだよ。縦と横の線が微妙に違うので、ややミュージック的な雰囲気の描線になるのです。ふふふ。インクフローをもう少し調整していただいて、もっと素直ないい子にするのだ。

    安い鉄ペンで遊ぶのは楽しいですが。安い万年筆は、けっこう楽しいんですが。だんだん楽しみ方が広がってきたよー。

    でももう、これ以上増やさないからね! 当分増やさないからね! 増やすのはインクだだだwww インクコンバーターとインクしか買わないぞう。

    だって、親方から入手した梨地のプロフィット、まだインク入れれてない! あっかーーーーん!\(^o^)/

    スポンサーサイト

    • 2016.02.04 Thursday
    • 22:39
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      木を植えた

      ついめーじ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM