スポンサーサイト

  • 2016.02.04 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    天地明察見てきた!

    • 2012.09.20 Thursday
    • 02:31
    レディースデーだったので『天地明察』見てきました。
    ネタバレはあまりしない範囲で、ざっくり感想書いておきます。

    ・宮崎あおい、ちょーかわいい。嫁にください。
    ・出てくるおっさんがかっこよすぎ。主人公(安井算哲)のヘタレが際立つ。いや、ヘタレじゃないけどさw おっさんたちが豪快すぎるんだ。
    ・北極出地隊(北極星の観測旅行)の武部・伊藤のご両人が可愛すぎる。
    ・本因坊道策の横山裕はジャニーズのゴリ押し配役かよと思ったりしてたのだが、実際に見てみると違和感があんまりないというか。そもそも本因坊道策ってキャラが異質なので、横山裕が意外とハマってた気がw
    ・岡田准一、ちょんまげ頭似合わねええwwwwwww
    ・というか、よく見たら、岡田准一って実は背が低いのね……

    原作から、やや改変があったり。ざっくりと切られたエピソードがあったりするのは、やや気になるっちゃ気になるところですが。原作を読んでない方が見た場合、きれいに2時間の映画にまとまってたと思います。改変などによる違和感はなかったですw
    むしろ、改変があって、ようやく2時間におさめられたという気もしますが。原作の芯にある、あの小気味良いオチ。起承転転転結、って感じのエピソード展開は原作そのままだったと思います。映画のラストは小説よりも少しドラマティックに盛ってあったんじゃないかなって気はしますが。

    あと。これはストーリー展開的にどーしても必要なので仕方ないのですが。空に描かれた星々のCGがやや派手というか。ごっちゃりとCG使ってます感あふれる演出が時々あるので。いくら江戸の頃は空が暗かったとしても、これはちょっと星空盛りすぎじゃないのー?w とかw 演出だからコレはしかたないなw

    あとは。個人的にEDが好きかもしれませぬ。日本の暦と行事、それに関するアイテムがずらーっと並んだあたりがちょっと気持ちよかった。ああ、これぞ日本! みたいな感じ。

    映画の舞台に、会津藩が何度か出てきます。安井算哲は、日本中駆けまわって、江戸と京都を往復して、バタバタしまくってはいますが。会津藩の庇護を受けてる人なので。その縁あって、福島で、天地明察絡みのイベント(宝探しツアーみたいなの)をやってるようです。ああん気になるうううう! それは気になるううううう!

    ちょっと盛りすぎな星空CG以外は、なかなか良かったと思いますw オススメです。見た後、とても気持ちよく帰ってこれる映画だと思います。損はないよ!w
    いい映画見てきました。おもしろかったよー!



    JUGEMテーマ:映画の感想 

    火曜日がレディースデーだったんだぜ・2本目。

    • 2010.09.08 Wednesday
    • 01:24
    ああもう、長い文章を書いてたのに。一瞬で消えちゃったぜ……。
    とりあえず、前半部分を投稿したので、後半部分を書き直すんだぜ……。
    それもこれも、えっちゃんに見てきて欲しいがために、がんばって書いちゃうんだぜ……。
    えっちゃんも早く見に行ってきて! 一緒に語ろう語ろう! 餃子がおいしそうだったようーって語ろうウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

    映画『トイレット』見てきましたよ。けっこう混んでましたよ、映画館。びっくりしたのは、ほっこり系ゆるファッションの人の多さwwww 整理番号つきの自由席だったんですが、ほぼ満席だったんじゃないかなー。
    帰ってきてから、さっそくCD掘り出しました。ワルトシュタインはやっぱり持ってたんだぜ(`・ω・´)! リストのピアノ曲は持ってない気がしますが。モーリーが転換期をむかえたときにでてきたワルトシュタインは、聞くだけでスイッチはいっちゃうウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

    とにかく、ご飯が美味しそうで。見ただけで元気がもらえました。いい映画だった!
    元気よくなって、調子よすぎて、帰り道に見つけたお店で、いい感じの店をみつけて、ワンピース買っちゃったよ。大きく予算オーバーだけど気にしなーい\(^o^)/

    そんなこんなで、ネタバレありありの感想は↓の方で。

    もし、トイレットって映画がきになるかもーって方は、こちらのサイトをチェックしてみてください。


    続きを読む >>

    ヒックとドラゴンとトイレット。

    • 2010.09.07 Tuesday
    • 22:15
     某肉食姉妹をはじめ、うちの何人もの友達が、ちょーオススメしていた「ヒックとドラゴン」。昨日も、神戸は遠いしなー、近くは上映開始時間が遅すぎてちょっと難しいなーて悩んでたところ、某肉食姉妹・姉が「ありへは交通費かけて神戸まで行ってみても損はないはず! ちょーオススメ!!!!」って言うものですから。そこまで言うなら騙されてやんよ、とばかりに行ってまいりました。3Dの上映ではなかったんだけどね、まぁとりあえず、いい上映時間だったってのを優先して、ミント神戸へ。

    せっかく神戸まで行くわけですから。他にも用事作りたいよねー。無印のカフェでお野菜中心のランチを食っちゃう? みたいな気持ちでいたんですが。ちょうどシネリーブル神戸で「トイレット」を上映しておりまして。昼ごはん時間をうまく節約できたら、2本はしごできちゃうぞ、って。ということで、14時半からの上映回で見てまいりました。トイレット。
    運良くどっちもレディースデーだったよ! お得だよ! 通常価格のつもりで行ったから、ちょーお得感だよ。らっきー!(∩´∀`)∩ワーイ

    えっと。
    ヒックとドラゴンでは、トゥース(ドラゴン)のかわいさにやられ。
    トイレットでは、センセー(ねこ)に癒され。

    たまらん……'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

    あと、荻上直子監督作品ではおなじみといいますか。ご飯がとても美味しそうで。餃子食べたくなるよ餃子!!!!

    荻上直子監督と、飯島奈美さん(フードコーディネーター)は、ほぼ日でインタビュー記事が載ってましたから、そちらもあわせてどうぞ。ここのページ見てもおなかすくんだけどね…… ああ、餃子がおいしそうだ。

    とりあえず、映画の感想やら細かいこと、ネタバレ含む内容は、おりたたんだ先においておきます。


    続きを読む >>

    どっかーーーーーん!!!!

    • 2010.06.25 Friday
    • 20:56
     

    な〜〜んてね。

    ( ↑ これが今日一番こわかった言葉だった)




    ということで。今日、ふらっと思い立って『告白』を見てきました。マイカルシネマズでは、映画を見て、スタンプを押してもらうと、スタンプ5個で1回映画が無料で見れるんです。余裕で達成しちゃったな(∩´∀`)∩ワーイ 7月末まで有効なんだけど、見たい映画というと『借りぐらしのアリエッティ』くらいだし、アリエッティは上映すぐに見に行く元気なさそうだし(夏休みだし……)。で、おもしろいって噂の『告白』を見てまいりました。

    とりあえず、ネタバレなしの感想としては、おもしろかった。すごくおもしろかった。最後までオチが読めないという点においては、とてもおもしろいです。
    ただ、爽快感や癒しを求めて見に行ったら逆効果です。
    登場人物がみんな(主役・準主役だけでなく、クラスメイトみんな)が、どんどん壊れていく物語です。そこだけは覚悟して行った方がよろしいかと。
    あと、R−15指定です。エロはありませんが、流血シーンが含まれます。エロはなし。ちゅーくらい。


    おもしろいよー。本当におもしろかったんだよー。
    でも、こわかったんだよー。
    一人でもう一回見に行けっていわれたら、ちょっと悩む……。
    おもしろかったんだけど、おもしろかったんだけど……。


    よし。ここから先は、少々のネタバレが含まれる可能性があるということで。続きに放り込んでおきましょうっと。
    続きを読む >>

    ダレンシャンみてきた!(ネタバレはあんまりないよ!

    • 2010.04.08 Thursday
    • 01:02
    ダレンシャンみてきた! 最寄りの映画館は吹き替え版しかなかったのが残念だったけど、春休みだし仕方ないね。吹き替え版のキャスティングスタッフロールが最後にあるんですが、それが邪魔というか、いや、スタッフロールはいいんだが、わざわざ倖田來未じゃなくていいんじゃね?(゚Д゚;) 日本語版エンディング曲とかいらなくね?(゚Д゚)

    ダレンシャンは、親友を助けるためにハーフバンパイアになることを選択する少年のお話なので、吸血鬼とかでてきますが、流血沙汰はほとんどありません。むしろ派手な格闘技のが多いですw 爪先でちみっと傷つけて血をなめる程度なので、血が苦手な方でも平気。子供でも平気だと思われます。むしろお子様にもおすすめできる映画。

    師匠というか、吸血鬼のクレプスリーがかわいいの。おっさんだけど、かわいい。なんだかんだ言いながらダレンシャンを体張って助けてくれるあたりがとてもかわいい。マダム・オクタも可愛い。いや、あれをペットにしたくはないですがw 

    渡辺謙が意外とはまってたw 役柄は「あれ? えええええ?」ってなかんじで、よくよくみたら渡辺謙でしたって感じなんだけど、見てるうちに、なるほどなーって感じのはまり役。しぶいよ!

    原作を読んでた感じでは、ダレンシャンってもうすこし子供なのかなって勝手に思ってたんで、最初の5分くらい違和感あったんだけど、私の勝手な思い込みだったので、それはさておき。
    一応話は一段落しちゃいるんだけど、すっきりしないところで終わってるんで、続編があるのかな。

    原作本の高さに、2冊目くらいで投げ出してしまったんですが、原作を一気読みしたくなりました。図書館にでも行ってくるかな! 児童書は高いんだもんw

    なかなかおもしろい映画でしたよ。わりとおすすめ。悪くないデス。
    でも、気分爽快になれる、脳みそ使わずに楽しめる映画という意味では、シャーロックホームズのがおすすめできるかも。あの映画はバカすぐるwwww

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    木を植えた

    ついめーじ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM